内モンゴル体験記 7 美しい自然に囲まれた実家

 

こんにちは、アイです!(^^)!

 

前回の記事は読んでいただけましたか?

内モンゴル体験記 6 実家へ!

お店情報はコチラ↓↓↓

https://retty.me/area/PRE13/ARE12/SUB1201/100001292789/

 

前回記事の最後で、ちょっと変わった料理を紹介しました。

 

実家の自家製ソーセージを自宅で夫が焼いてくれ

ました。こちら⇓⇓⇓

ソーセージ

表面がカリカリになるくらいに焼きつけます

 

中身が気になりますよね??実は豚の血と蕎麦粉

を腸詰めにしたものなんです(^.^)

 

見た目がちょっとグロテスクでしょうか?

私も初めてこのソーセージに出会った時はひるみ

ました。

 

豚の血とか食べたことなかったし・・

でも勇気を出して食べてみたら、美味しかったん

です!

 

臭みは特に感じないし、蕎麦粉の食感がホロホロ

していいんですよ。画像のように表面カリカリに

焼いたり、または茹でて食べることもあります。

 

私が実家に到着し、家族と対面した時背の高ーい

身体の大きな男性がちょうど腸詰めを作っている

ところでした。

 

この男性は甥っ子だったんですね、こんな大きい

甥っ子ができちゃったのかという感じです(^^ゞ

 

さて、いよいよ実家での生活が始まりました!

豚・鶏

豚を育てている豚舎

 

ぶたさん

ぶたさん

 

うしさん

うしさん親子

 

羊

羊に包囲される私

 

家の敷地内には動物たちがたくさん!鶏たちもそ

こらじゅう自由に散歩しています。朝は鶏と羊の

声で目覚めます。

 

ここでも家族はみんな早起き、私は最後にフラ

フラと起きていってました夜すごく早く寝る

のに。。

 

この時8月~9月にかけての訪問でしたが、朝晩は

ひんやり肌寒く、日中は日差しが強いので結構暑

かったです。長袖でしたが日焼けしちゃいました

 

でも湿気が全くない乾燥した気候なので暑くても

不快じゃないんですよね。べたべたと汗をかく

こともなかったですよ。

 

なので日本のように毎日お風呂に入るという習慣

もないですが、全然大丈夫でした。

 

身体拭きシート持っていきましたけど心配には

およびませんでした。

 

実家にはシャワー室がありましたが、親戚の家の

シャワーは戸外に建てた簡易式シャワールームの

上に黒いポリ袋が載っていて、その袋の中に入れ

た水が日光の熱で温まったらシャワーとしてつか

うという衝撃のものでした。

 

写真撮れば良かった!次の時は撮ってきますね!

 

実家を含め、各家々には花壇や家庭菜園があり、

新鮮な野菜がいただけます。中には見たことのな

い野菜や、巨大な野菜、日本の物とは姿が違う

ものがありました。

 

ひょうたん

ひょうたんも沢山なっていた!

 

茄子

みずみずしい緑色の茄子

 

とうがらし

唐辛子。みんな辛いものが好きです。

 

プチトマト

美しいプチトマト

 

まだまだ種類がありますよ~

紹介しきれませんね;それから親戚の家庭菜園

では変わったものを見られました⇓⇓⇓

野菜

これなんでしょう?

野菜

これは・・??

 

いんげん豆

紫色のインゲン豆

 

ズッキーニ

大きなズッキーニ。日本で買うズッキーニは成長途中で収穫するのかな??

 

少女

菜園で遊ぶ美少女。背後にとうもろこし、向かって右側はネギ。手前も全て野菜たちです。

 

いいですね~・・最高です。こんな菜園から食卓

へすぐなんですよ(*^_^*)

 

夫も小さいころから農業・動物の世話をしている

ので、プロ並みです。もし農業を今はじめようと

思ったら出来るとおもいますよ~。

 

小さなベランダで家庭菜園やってみましょうか…

 

内モンゴルへの想いがつのります(^^)

 

つづく・・

 

お店情報はコチラ↓↓↓

https://retty.me/area/PRE13/ARE12/SUB1201/100001292789/

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です