お店情報はコチラ↓↓↓

https://retty.me/area/PRE13/ARE12/SUB1201/100001292789/

 

こんにちは、アイです!(^^)!

さてさて、私たちは夫の同級生が暮らす海拉尔

(ハイラル)という街に到着し、二日目をむかえた

ところから今日のお話が始まりますよ♪

 

まずは何と言っても内モンゴルの大草原!!

イメージ通りの光景が目の前に・・

少し雲が多かったですが、怖くなるほどの広大

な景色が広がっていました。

大草原

どこまでいっても景色が変わらない

 

ウマ

大草原を馬が駆ける・・イメージ通り

2~3時間車で走っても景色が同じなんです・・

少し眠ってそろそろ街に着いたかなーと窓の外

を見るとまだ同じ・・広島と東京で育った私に

は到底理解できない大きさです。あ、北海道の

方ならきっとこの広大さを想像できますね!

!(^^)!

 

ドライブもそろそろ疲れました。

←わがまま~・・(^_^;)

(私のために運転やホテル・レストランの手配

など全てしてくれた友人には大感謝ですよ!)

 

そんな頃ある場所に到着しまして、こんな大自然

のなかになんと巨大滑り台が!

すべりだい

滑り台!風と景色が気持ちよい

 

この滑り台をソリにのって滑りおりるんです。

下まで一気にビューっと滑る人と、途中で失速し

止まっちゃう人が。私は止まっちゃいました。

 

この場所は射的で遊べたりもしましたよ~。

まさか大草原の真ん中でこんな遊びができるとは

風も気持ちよくロングドライブの合間の気分転換

になりました♪

 

そして今回の観光で私が最も心を奪われた場所を

ぜひ見ていただきたい!

その場所付近に到着しまずは坂を上っていきます。

坂の途中

きれいな街が見下ろせる

 

かわいらしい街です。まだどこに連れて行かれる

のか知らないままこの坂を上っていきました。

 

しばらくして突然、あの景色が私の眼下に広がっ

た瞬間は忘れられませんね。

思わず「わぁ~っっ・・」と声が漏れてしまった

のも初めてかも。

湿地

アジアで最大の湿地

 

 

こちら。アジア最大の湿地なんですって。

写真では到底お伝えしきれない光景なんです。

ぱっと目の前が開けたと思ったら180℃見渡す

限り美しい湿地帯が広がっていました。

放心です。

 

この湿地には木で回廊が作られていて、白樺

のなかを歩くことができます。

途中でリスにも遭遇しました(^^)

回廊

白樺の中の回廊

 

夕暮れ

夕暮れに照らされた美しい湿地

 

こんな場所に自分が立っている不思議。

私にとっては遠く遠く離れた、もしかしたら一生

出会うことがなかったかもしれない場所。

 

そんな景色を見せてくれた夫や夫の同級生、

ありがとう!!

私の小さな世界をババーンっっ!!と広げてくれ

ました。

 

それからこの街、ロシアと接しているんです。

サラッと言いましたが、これも私には思いもしな

い。また強烈な体験。

 

だって中国に来たと思ったら、ほとんどロシアに

も来たと同じですよ!

国境線まで行きましたし、、(ー_ー)!!

まさかまさかこんな場所にこれるなんて。

 

なので、街中にはロシア風の建物、ロシア料理店

ロシアの雑貨を売っているマーケットなどが。

ロシア風建物

ロシア風建物、かわいい!

 

中国とロシアが混在していて不思議な感覚。

この日の夜はロシア料理!これもまさかまさか。

中国に来て本格的なロシア料理が食べられるな

んて。

ロシア料理店

一階の食堂。私たちは二階の個室で食事を。

ボルシチ

まずはご存じのボルシチ!あったかくてホッとする味~

 

ソーセージ

長ーいソーセージ。

 

料理

マッシュポテトが乗ったハンバーグ・ロシアパン・名物のブルーベリージャム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この地域はブルーベリーが名物で、ジャムやジュ

ースをいただきました。

甘酸っぱく濃厚で最高に美味しいです♪

 

この日、私は先にホテルに帰って休んでいました

が、夫は引き続き友人と友人の上司と遅くまで呑み

大変なことになっていました。

 

せっかくの楽しい観光なのにと私はキレて次の日の

夜までずっと機嫌が悪かったのです(~_~;)

中国の習慣と文化というものが時に受け入れられない

こともあるんですよ~やはり。

 

これは国際結婚あるあるでしょうかね。お互いに(笑)

 

つづく・・

 

お店情報はコチラ↓↓↓

https://retty.me/area/PRE13/ARE12/SUB1201/100001292789/